受付時間

札幌市中央区南14条西12丁目2番5号

受付時間 : 14:00-16:00

 休館:休日及びロシアの祝日

 

Саппоро, Тюо-ку, Минами 14, Ниси 12, 2-5

Часы приема: 14:00-16:00

(кроме выходных и российских праздников)

Tel: 011-561-31-71 (72)

Fax: 011-561-88-97

総領事館の歴史

総領事館の歴史

 

函館

日本政府は、1855年1月26日に下田で締結された日露和親条約に基づいて、ロシア船のために下田、籍館、長崎の三港を開港し、ロシア政府が下田、籍館の一港に領事を派遣することを承諾しました。又、両国政府は「領事の家屋並地所は日本政府の差圖に任せ家屋中自國の作ゴシケーヴィチ氏の領事委任状草案、 ロシア連邦外務省提供法にて日を送るべし」と合意しました。条約を署名したE.V.プチャーチン海軍中将の推奨により籍館が選ばれました。

 1857年12月、E.V.プチャーチンの日本への外交ミションに通訳として同行したロシア帝国外務省アジア局のヨシフ・ゴシケーヴィチ6等官が籍館の初代駐日領事として任命されました。領事は、ロシア政府の命令により、以前正式な外交関係の存在していなかった国での政府の政策を実行する任務が与えられました。

ゴシケーヴィチ夫妻と領事館職員は、1858年2月に日本へ旅立って、シベリアを経て同年10月に露米会社の商船「ナヒモフ号」と第一アムール海軍部隊の軍船「ジギト号」で籍館に着任しました。ロシア領事一行は高龍寺と実行寺に一時仮住まいをしました。

1859年の箱館市の図、「D」は領事館用の土地、ロシア連邦外務省提供1859年に亀田にロシア式風呂とパン焼き窯を併設した病院が建てられました。数ヶ月にわたる日本政府との交渉の結果、同年に領事館用として縦300フィート、横240フィートの土地が提供されました。(現函館ハリスト正教会所在地・函館市元町3−13)ナジーモフ海軍士官が設計し、日本人の大工により木造二階建ての建物がこの地に建てられました。その建物の一階は領事館の事務室で、二階には領事と家族が居住しました。又は、職員住宅用として平屋4棟、ロシア正教会、学校などが建てられました。建築は急テンポで進められ1860年4月に領事館は新しい建物へ移転しました。しかし、1865年に英国領事館から発生した火災はロシア領事館に燃え移り、領事館の建物はほぼ全焼してしまいました。ロシア帝国領事館の敷地、函館市中央図書館提供

ヨシフ・ゴシケーヴィチと領事館職員は道民に航海技術、医学療法等の知識を喜んで分け与え、ロシア正教、ロシア文化、ロシア語などを紹介し、写真、洋服の縫製法、パンの焼き方、乳製品や塩漬の作り方などを教えました。領事館の書記官兼ロシア教会輔祭のI.V.マホフ氏は日本の子供たちに日本で最初のロシア語入門書を出版しました。1998年、ロシア連邦外務大臣は在函館ロシア領事館設立140周年記念して日本外務大臣宛に送った親書ではそのロシア領事ミションは豊かな露日間の善隣・友好関係の潜在能力を発揮する出発点となったと強調しました。

イワン・マホフ氏の「ロシア語イロハ」、函館市中央図書館提供

ヨシフ・ゴシケーヴィチはエリザヴェータ夫人が死去した後、1864年に退任を申し出て、1865年にロシアへ帰国しました。ゴシケーヴィチに代わりエヴゲーニイ・ビュツォフが籍館に着任しました。エヴゲーニイ・ビュツォフは代理大使として北京へ任命される1869年まで籍館で勤務していました。彼は1871年中国から再び日本へ戻り、駐日総領事兼公使に任命され、まず横浜に赴任し、その後東京に着任しました。日本の首都東京にロシア大使館が開設され、函館のロシア領事館が行っていた全ての業務を大使館が引き継ぎました。そのため函館の領事館は1875年に事実上閉鎖され、1881年からは、領事館の職員が夏に函館へ来て、冬に東京へ戻るという 季節限定業務の形式で再開されました。

1901年の夏に函館を訪れたアレクサンドル・ペトローヴィチ・イズヴォリスキー駐日ロシア公使はロ日貿易にとって函館は重要な港町であり、通常の領事業務に戻す必要性があることを認め、この業務を果たすために独自の建物を建てることにしました。1902年、ロシア帝国副領事館用の土地、ロシア連邦外務省提供

1902年に、当時の日本の法律の特性により999年間の賃貸の形式で契約し、函館の船見町125に副領事館用として土地を入手しました。 建設委員会はいくつかの建築プランを検討し、最終的に横浜在住のドイツ人建築家R.ゼールの設計図を採用しました。1903年ゼール氏はドイツへ帰国したため、プロジェクトは彼の同胞G.デ・ラランデが継続しました。

1903年、建設中のロシア帝国副領事館、 ロシア連邦外務省提供1903年7月にこの土地に1904年5月までには完成する予定の建築が始まりました。しかし、ロ日戦争が始まったため全ての作業は中止されました。領事館の職員は帰国して、未建設の建物は在東京フランス公館と地元の警察に警備を依頼しました。副領事館の食堂、1907年、ロシア連邦外務省提供

ポーツマス条約の締結後ロシア領事館は函館での業務を再開しました。同時にロシア帝国の副領事館公邸の建築は継続され、1906年12月に完成しました。

1907年、大火後の副領事館、 ロシア連邦外務省提供しかし、1907年の8月には副領事館の建物はまた被害を受けました。函館で発生した大火は建物ほぼ完全に崩壊しました(3時間で1万2千棟の建物が全焼)。復興作業は1908年12月まで継続されました。1917年の革命の後で副領事館がロシア帝国の旗のもとで1925年までに業務を継続していました。これは最後のロシア帝国の副領事E.F.レベデフは離任するまでです。ロシア帝国副領事館、函館市中央図書館提供

1925年1月にソ連邦と日本の両政府は外交・領事関係の樹立に関する協定書に署名しました。在函館ソ連邦領事館の初代領事にはA.N.ロギノフが任命されました。そしてA.N.ロギノフが日本外務省から認可状を受け取った直後に領事館の開設が承認されました。1925年6月10日、これにちなんだ開館式とレセプションが行わ在函館ソ連邦領事ロギノフ氏の認可状、 1925年、ロシア連邦外務省提供れ、日本政府の代表、民間のビジネス関係者、函館在住のソ連人、商船「シンフェローポリ号」の乗組員など約100名が参加しました。1925年6月10日、ソ連邦領事館の開館式、ロシア連邦外務省提供

函館市を含めソ連邦と日本の一連の都市における相互的な領事館開設についての公式的な取り決めが、この後同年7月から8月にかけての口上書交換を通じて締結されました。ソ連邦領事館の管轄地域には北海道全域が含まれました(1926年から1938年までの間は、石狩、北見、手塩が除外されていました)。

函館市の佐藤孝三郎市長(左)と在函館ソ連邦領事館のアレクサンドル・ロギノフ領事(右)、ロシア連邦外務省提供ソ連邦領事館の職員は「堤倶楽部」としてよく知られている「元キング邸」に一時滞在し、両国間の合意に基づいてソ連邦に移管された旧ロシア帝国副領事館の修理が完了した後1927年にこの建物へ移転しました。職員定数はその年によって3名から5名までした。また、通訳として地元住民が雇用されました。1930年代には領事館は季節限定業務になり冬期間は閉鎖されました。

ソ連邦領事館は函館で約20年間業務を行っていました。1944年3月30日にソ連邦政府は公式に当領事館の閉鎖について日本側へ通知しました。

          市立函館博物館に保存されているソ連邦の国章     市立函館博物館に保存されているソ連邦領事館看板

それから60年後領事業務の再開に関する問題が再び話し合われました。1997年の合意に基づいて2003年9月に函館で在札幌ロシア連邦総領事館在函館事務所が開設されました(住所: 元町 14-1)。在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所

1989年に旧ロシア領事館は函館市の「景観形成指定建築物」に指摘され、今でも保存されています。ロシア人墓地にはロシア帝国領事館医師のV.ヴェスレイ(1869年死去)と当領事館付属ロシア正教会の聖歌読誦僧のV.L.サラトフ(1874年死去)の墓があります。また、初代ロシア領事ヨシフ・ゴシケーヴィチ夫人ゴシケーヴィチ・エリザヴェータの墓もこの墓地に移され埋葬されています。

 

在函館ロシア帝国領事館の歴代館長
 

1858年 – 1865 1865 – 1869
ヨシフ A.ゴシケーヴィチ エヴゲーニイ K.ビュツォフ
ヨシフ Aゴシケーヴィチ
領事
エヴゲーニイ Kビュツォフ
領事

1869 – 1870 

1870 – 1873
アレクサンドル E.オラロフスキー
S. D. トラフテンベルグ
領事代理
アレクサンドル Eオラロフスキー
領事


1877 – 1878


1880 – 1886

エルニツキー
副領事代理
アルベルト シュリッペンバフ男爵
副領事

 

1887 – 1892

 

1893 – 1899

グリゴリイ A.デヴォッラン ミハイル M.ウスチノフ
グリゴリイ Aデヴォッラン
領事
ミハイル Mウスチノフ
副領事

 

1900

 

1900 – 1904

ジノヴィイ Mポリャノフスキイ
副領事代理
マトヴェイ Mゲデンシトロム
副領事代理

 

1906 – 1912

 

1912 – 1925

エヴゲーニイ F.レベデフ
ワシリイ Vトラウトショリド
副領事
エヴゲーニイ レベデフ
副領事

 

 

在函館ソ連邦領事館の歴代館長

 

1925 – 1928 1928 – 1930
アレクサンドル N.ロギノフ ドミトリイ D.キセリョフ
アレクサンドル Nロギノフ
領事
ドミトリイ Dキセリョフ
領事

 

1930 – 1934

 

1934 – 1935

ゲオルギイ D.チホノフ

イズライル S.カラシ

ゲオルギイ Dチホノフ
領事

イズライル Sカラシ
領事

1935 – 1936

1936 – 1938
エドアルド E.ロンド アレクサンドル G.イトキン

エドアルド Eロンド
副領事

アレクサンドル Gイトキン
領事


1938 – 1940

1940– 1942
ゲオロギー I.パブルィチェフ アレクサンドル I.ザベーリン
ゲオロギー Iパブルィチェフ
領事代理
アレクサンドル Iザベーリン
領事

1942 – 1944
 
アレクサンドル I.サベーリエフ  
アレクサンドル Iサベーリエフ
領事
 

 

 

在札幌ロシア連邦総領事館函館事務所の歴代所長

 

2003 – 2007 2007 – 2012
アレクセイ G.ウソフ アンドレイ P.ブロワレツ
アレクセイ ウソフ
副領事
アンドレイ Pブロワレツ
領事。参事官

 

2012 – 2016

 
イゴリ D.ウスチノフ  
イゴリ Dウスチノフ
領事。参事官
 


[TOPに戻る]

 

小樽

1907年7月15日(旧暦7月28日)サンクト・ペテルブルグ市においてロシア帝国A.P.イズヴォリスキー外務大臣と本野一郎在ロシア日本公使との間で調印されたプロトコールに従い日本政府は小樽市にロシア領事館開設の認許を与えました。しかし、開設が実現されたのはその20年過ぎでした。

日露領事館ニ関スル議定書 、ロシア連邦外務省提供

1925年(大正14年)1月にソビエト連邦と日本との間で日ソ基本条約が締結され、両国間の外交領事関係も樹立し、1926年4月に小樽市にソ連領事館が開設されました。初代の領事にA.V.バシリエフが任命されました。1927年8月に在日ソ連邦大使館は小樽領事館を副領事館に改変する旨日本外務省へ通報しました。領事管轄区域は石狩、北見、手塩及び樺太(南サハリン)が含まれました。副領事館の主な業務はソ連邦極東沿岸地域で漁業に従事している漁労者及びサハリン北部の石油・石炭開発地域で働く日本企業の従業員へのビザ等の領事文書の発給でした。副領事館は市役所と調整した上で、小樽市の外れにある株式会社「北海製罐」所有の建物(住所:奥沢町4丁目28番地)を借家しました。賃貸料は年間960円でした。一階は事務所で、二階には職員及びその家族が住んでいました。副領事館の職員は二人以内でした。又、通訳及び役務職員として小樽市民が雇われました。

在小樽ソ連邦副領事館のあった建物、小樽市総合博物館提供

ビザの申請手続きの減少に伴い、1933年からは5月から9月までの季節限定の業務に変更されました。

1936年にG.I.パビリチェフ氏が在小樽ソ連邦副領事に任命されました。しかし、日本側がビザの発給を送らせたために副領事が小樽市に到着したのは1937年6月でした。そして9月には東京へ移動しました。

1938年4月にソ連側は在小樽ソ連邦副領事館の閉鎖を公式に日本政府に通報しました。

在小樽ソ連邦副領事館のあった建物は現在保存されていません。

 

在小樽ソ連邦領事機関の歴代館長

 

1926年 – 1927 1927 – 1930

アレクセイ Vワシリエフ
領事

イワン Sリュビモフ
副領事

 

1930 – 1932

 

1932 – 1933

イワン P.ベロフ.サペギン ミハイル I.ライネ
イワン Pベロフサペギン
副領事

ミハイル Iライネ
副領事


1934 – 1935


1935 – 1936

エドアルド E.ロンド

ピョトル Iリジョフ
副領事

エドアルド Eロンド
副領事

1936 – 1938
 
ゲオロギー I.パブルィチェフ  

ゲオロギー I.パブルィチェフ
副領事

 

[TOPに戻る]

 

札幌

中川融在ソ連邦日本大使の書簡、ロシア連邦外務省提供1967年5月19日、当時のA.A.グロムイコソ連邦外務大臣と中川融在ソ連邦日本大使との間の書簡交換により、北海道札幌市に総領事館を設立することが合意されました。領事管轄区域は札幌市と決定されました。総領事館に勤務する外交官及び役務職員の総数は10人以下と定められました。 初代の在札幌総領事としてソ連外務省のE・ザブロージン氏が任命され、1967年8月に北海道へ赴任しました。

1968年10月に領事館の建物用地として中央区南14条西12丁目にある土地を入手しました。日本会社の「伊藤忠商事」と「竹中工務店」と契約を締結してこの土地に総領事館のオフィス兼住居用の建物が建設されました。1969年の12月に完成しました。在札幌ソ連邦総領事館、1977年、札幌市公文書館提供

ソ連邦の崩壊後、1992年1月に総領事館の屋上にロシア連邦国旗が掲げられました。2001年8月にロシア連邦第一外務次官と在ロシア連邦日本大使の間の書簡交換により、在札幌ロシア連邦総領事館の管轄区域が大幅に拡大することが合意されました。現在、領事管轄区域は北海道、青森県、岩手県が含まれています。

 

在札幌ソ連邦・ロシア連邦総領事館の歴代館長

 

1967 – 1969 1970 – 1972
エヴゲーニイ G.ザブローヂン ニコライ Ⅰ.バンヅラ

エヴゲーニイ Gザブローヂン

ニコライ Ⅰバンド

 

1972 – 1980

 

1980 – 1985

アレクセイ N.マミン ユーリイ Ⅰ.ルドネフ
アレクセイ Nマーミン ユーリイ Ⅰルードネフ

1985 – 1986

1986 – 1990
アレクサンドル Ⅴ.シャロフ
アレクセイ Pオコニシニコフ アレクサンドル Ⅴシャーロフ


1990 – 1994


1994 – 1999

イセンバイ A.アブドラザコフ アンドレイ Ⅴ.クリフツォフ
イセンバイ Aアブラザコフ アンドレイ Ⅴクリフツォフ


1999 – 2004


2004 – 2008

ワシリー Ⅰ.サプリン レオニード L.シェフチュク
ワシリー Ⅰサプリン レオニード Lシェフチュク


2008 – 2014

 

ワシリー Ⅰ.サプリン  
ワシリー Ⅰサプリン  

 

[TOPに戻る]

 

青森 

大道寺小三郎 (1925年―2005年)2000年12月ロシア側は日本政府との合意に基づいて大道寺小三郎みちのく銀行頭取を青森駐在ロシア連邦名誉領事に任命しました。その領事管轄区域は青森県とされました。

青森駐在ロシア連邦名誉領事任命に関する日本外務省の同意書、ロシア連邦外務省提供
大道寺氏は駐日ロシア連邦大使館指導のもとで一部の領事業務を依頼されました。
2001年8月から大道寺氏は、在札幌ロシア連邦総領事館の領事管轄区域が青森県まで拡大されたため名誉領事の業務を同総領事館と調整するようになりました。

大道寺名誉領事は経済、人道その他の分野におけるロ日関係の促進に尽力しました。

2003年にロシア連邦大統領令に基づき大道寺氏はロ日間善隣関係の強化に多大な貢献をしたことに対し友好勲章が授与されました。

大道寺氏は生涯に渡り名誉領事の職務に邁進しました。大道寺氏は函館市の墓地に埋葬されています。

[TOPに戻る]